a0002_011008

今日はなんだかスコアが出ない、スランプに陥ってしまった。そんなとき、自分がチェックしていることを書きます。

スポンサードリンク

1.疲れていないか

当然のことですが、疲れていると集中力が落ちますし、スコアも落ちます。

前日の睡眠はもちろん大事ですが、仕事帰りや、学校帰りなどで気持ちが昂って、疲れていることすら忘れてプレイしてしまうことがあります。

今一度自分の体調をチェックしましょう。疲れ果てて何も出来ることがないと思ったら大人しく帰りましょう。

2.楽しんでいるか

モチベーションは集中力に大きく影響します。放置効果は、久しぶりのプレイでワクワクし、集中力が高まることが一番大きな効果だと自分は考えています。

自分は今のプレイを楽しんでいるか、作業感を感じて嫌々やっていないか、今一度チェックしましょう。

やりたくない譜面をプレイすることも上達のために必要なことですが、それを楽しむ工夫もまた必要です。難しいことですが、頑張って考えなくては前に進めません。

3.基礎(低難易度)譜面を軽視していないか

高難易度譜面ばかりやっていると、簡単なところで出る黄グレを軽視していく傾向にあります。「簡単な譜面をしっかり光らせること」が意識の外に出てしまうからです。

特にスランプに陥ってしまった場合は、高難易度ばかり選曲し続けていても一生脱出できません。

スランプ時もそうでない時も「黄グレを出し続けると少しずつ体が黄グレの方にズレる」ということを常に頭に置いて克服に望むべきです。
理由については、武井壮さんの話がとても分かりやすかったので引用します。

スポーツやるにしても、何か、いろんなことするにしても。やっぱり頭で思っていることと、実際やっていることがずれていると、なかなかうまくいかない、ということがあるじゃないですか。

よくスポーツ選手が、スランプとかっていうのは、ほとんどそれが原因で。頭ではこうやっているつもりなんだけど、たとえばバットを出すとか、ここを蹴るとか、やっているつもりなんですけど、それとはちょっと、ずれてしまっている。その状態でいろいろ反復練習をたくさんするもんで、反復練習があまり身にならない。

武井壮が語った「スポーツが短期間で上達するコツ」が説得力あり過ぎてスゴい スランプ対策にも | ログミー[o_O]
http://logmi.jp/5734

また、TANMEN氏のスランプ脱出法も非常に参考になりましたので読むことをオススメします。
TANMEN式スランプ脱出法 – Togetterまとめ http://togetter.com/li/400628

4.「調子が良かった状況」を再現できているか

調子が悪い時に何か原因があるように、調子が良い時にも必ず何か原因があるはずです。それを見つけることが出来れば、毎回調子が良いプレイが出来るはずです。

調子が良い状況を再現するためには、調子が良かった日に気づいたことをメモするのが良いでしょう。

  • ~の筐体でやったら調子良かった。
  • ~を飲んだら調子良かった。
  • ~を食べたら調子良かった。
  • XXXしたら調子良かった …etc

なんでもいいので気づいたことをメモし、同じ状況を再現してみて調子が良かったら、毎回出来るだけ同じ状況を再現しましょう。

5.伸びた伸びなかったで調子を判断しない

ある曲をやってみて、自己べ-100が出た。今日は調子が悪い。そんな風に決めつけてはいないでしょうか?

自己べマイナスが連続すると調子が悪いと思い込んでしまいがちですが、調子が悪いと思い込むことで更にモチベーションが下がり、本当に調子が悪くなってしまいます。

逆に、自己べ更新が続いて調子が良いと思い込んでしまうことも、あまり良くないと自分は思います。モチベーションは上がりますが、調子を整える能力が成長しないからです。

その時その時のスコアというのは、ハマったハマらなかった、特にRANDOM常備であれば運が大きく絡むので、気にしてはいけません。

調子はその時のスコアで判断せず、自分の感覚で判断する力を養うべきです。(今日は指が軽い、押すだけで勝手に光る…など)