ACでDPをやり込むと決めてから、SPADAPENDUALcopulaの3作とも1500回以上のペースで続けることが出来ました。

実はこの3作の間にクリアランプの更新はほとんどありませんでした。むしろ未HARDは増えました。今振り返ると普通にやっていたら、ここまでモチベーションを維持することは不可能だったと思います。

やり方は人それぞれあると思いますが、今回は僕が続けてきた方法をベースに、モチベーションを高めるための考え方について解説します。

スポンサードリンク

モチベーションの基本は成長を実感すること

ecfd0e6f2525eca5928b0361eaeb794f_s

ライバルと競い合ったり、自分で目標を決めたりと色々なやり方がありますが、僕のモチベーションの源泉は「成長している・上達している」という実感を得ることです。

クリアランプ更新が多いうちは簡単

自分の成長具合が分かりやすいものとして、クリアランプ埋めやAAA埋めなどがあります。

「1周してまた戻ったら、以前はできなかったものがあっさりクリア出来てしまった」とか「昨日粘着したときは出来なかったけど今日は出来た」といったことで嬉しく感じた経験は誰にでもあると思います。

収穫はだんだん出にくくなる

しかし上級者になるほど収穫は出にくくなり、達成感を得ることが難しくなってきます。

例えば未難一桁レベルになると、月単位で新規ハードクリアが出ない状況もあるでしょう。僕なんて年単位で未HARDが減っていません…。

なんらかの工夫をしておかないと、目に見えた収穫がでなくなったときにモチベーションを維持できなくなります。(→収穫にこだわり過ぎない)

小さな成長を実感するための仕組み

未HARDを減らしたり、新規AAAを増やしたりという大きな収穫は成長するにつれて出にくくなります。大きい収穫が出にくい状況でモチベーションを維持するためには、細かい成長を見逃さないで、しっかり確認する仕組みを作ると良いでしょう。

ここでは普段僕がゲーセンへ行く前や帰宅後に実際に行っている方法を紹介します。ただしこれはあくまで一例で、人それぞれ自分にあったやり方があると思うので参考程度にしてください。

Firefox用アドオン「ScoreViewer」が便利

firefox

スコアを取得するツールはたくさんありますが、僕はパソコンから@nob_m_IIDXさん開発のFirefox用アドオン「Score Viewer for beatmania IIDX」を使用しています。

このツールを使えば前作のデータをライバルにして比較したり、その日の収穫を全て確認することが可能です。

ゲーセンへ行く前にやっていること

新作が稼働してすぐの時期はいつも、全曲のDPA(+DPH)にスコアを付けることを優先しています。大体これで300クレぐらいはかかりますが、1作1500クレぐらいやることを考えれば大した量ではありません。もちろん1曲1曲本気で集中してスコアを狙います。

一通りスコアを付け終わったら、次からはゲーセンへ行く前にScoreViewerで前作に負けているスコアを抽出しておきます。

前作LOSE

抽出したらこれをエクセルにテキスト形式で貼り付けて、不要な列を削除します。Googleスプレッドシートに保存しておけば外出先でもスマホで閲覧できるのでとても便利です。

エクセル

普段はこのエクセルファイルとオプションメモを参照しながらプレイしています。

フィルタ機能を使って1発スコアの詰め直しをしたり、前作マイナス50点以上をやったりと、詰め方はその日の気分によって変えていますが、選曲にはなるべく頭を使わないようにしています。

帰宅してからやっていること

いつも前作ゴーストをグラフ表示してプレイしているので収穫はその場で確認できますが、帰宅してからその日の収穫を再確認することで、さらにモチベーションを高めています。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-3

このように2つのスロットを使って前回取得したスコアと今日のスコアを比較すれば、今日伸びたスコアが一覧で表示でき、収穫を全て確認することが出来るので便利です。

前作ライバルWIN

毎作しっかりスコアを詰めているので、20点以上伸びればもう大収穫です。

1点でも伸びたら収穫

僕がまとめ日記で「合計EX SCORE+16207点」といった表記をしているのは全曲理論値という明確なゴールがあるからです。

これとは別に未難を減らしたり、AAAを増やすといった短期的な目標はもちろんありますが、毎作一番大事にしていることは全曲合計でどれだけ伸びたかです。

そうすることで1点でも伸びれば収穫と感じることが出来ます。スコアが伸び続ければAAAも増えますし、正しい狙い方をしていればミスカウントも自然と減るので、気長にやっていれば未HARDも減ると信じています。