皆伝、それは誰もが一度はあこがれるものです。

「パパッと段位を上げていって、短期間で皆伝を取りたい」そう考えるのはごく自然なことだと思います。

ここでは、全段位に共通して、挑戦する上で大切なことを3つ書きます。

それは

  1. 挑戦は月に1度まで
  2. ベストコンディションで挑戦する
  3. 地力が上がるまで待つ

の3つです。この3つを守れば、段位は必ず上がります。

スポンサードリンク

1.挑戦は月に1度まで

なかなか段位が上がらない人に最も多いパターンが「段位認定ばっかり受け過ぎている」です。

「何言ってんだ!受けなきゃ受からんだろ!」と思うかもしれませんが、出来ていない状態で繰り返しプレイすることは、ハッキリ言って、自分から悪い癖を付けにいっているようなものです。
癖についてマイナス練習を減らす

日に2回以上の挑戦は赤信号です。週1回でも多いぐらい。月1回でいいです。

早く受かりたい気持ちはわかりますが、焦れば焦るほど合格から遠ざかってしまいます。

2.ベストコンディションで挑戦する

ゲーセンに着いて1クレ目に段位認定を受ける人は流石にいないと思いますが、音ゲーはスポーツのようなものです。必ずウォーミングアップから始めるようにしましょう。
パフォーマンスを発揮するために

プレイしていて調子が非常に良いと感じる日、なんとなくクリアマークの更新が多い日なんかに挑戦するのが理想的です。

逆に、調子が悪い日に何度も何度も挑戦することは、最も合格から遠ざかる行為だと肝に銘じておきましょう。

3.地力が上がるまで待つ

上の2つと被りますが、普段はとにかく地力を上げて、受かる自信が付くまで待ちましょう。

間違っても段位が全てと考えないことです。

皆伝5000人の今の時代、始めてから皆伝を取るまでより、その先のほうが遥かに長いことは間違いありません。

上位プレイヤーからすれば、皆伝なんてトイレ我慢してても取れますし、片手で合格する人もいます。実はそれぐらい大したことないものです。

正直、皆伝を取ったところで今のところ何か特典があるワケでもありませんし
(1曲目から☆12解禁ぐらいはしてくれてもいいのに…)

段位ゲージは、皆伝なら全曲BP100超えても受かるぐらい寛容です。地力が上がればいずれ必ず取れます。長い目で見ることが大切です。

スポンサードリンク

この記事をシェアする
段位認定攻略

コメントを残す