BPLプロ選手の設定から見る緑数字・白数字の考え方【SUD+/LIFT】

BPL2022プロ選手の緑数字と白数字(SUD+/LIFT)、判定位置の設定を調査してみました。

各設定について筆者なりの考え方、メリット・デメリットなども解説します。

目次
この記事を書いた人
かみゆー

音ゲー歴20年以上のアラサー。IIDX両皆伝、アリーナA1、ポップン50全曲クリアなど。最近はVALORANTにハマり中。

当サイトの更新情報は@TheSafaricomで発信しています。

BPL2022プロ選手の一覧

なるべく最新のプレイ動画をもとに調査していますが、毎日コロコロ変える人もいるので参考程度にお願いします。(大きく違わない限り修正はしません)

選手名のリンクをクリックすると、参考動画を新しいタブで開きます。

NAME緑数字白合計判定SUD+LIFT
UCCHIE257268-0.5518880
NIKE.276153-0.451530
KENTAN260391+0.1032170
46241522-2.105220
CORIVE250376-0.75223153
NCHO72261385+0.853850
CYBERX259275+0.402750
LOOT257335-0.65120215
MIKAMO252375-0.753750
PEACE253256-0.5515997
54GAYA265291+1.4541250
#MA3#249299-2.70149250
SEIRYU260360-1.2029070
EXIT274281-1.252810
ANSA226455-3.50215240
KIDO.261285-0.45165120
VELVET265301+1.9025051
WELLOW209540-2.85290250
8S.260192-0.4541151
FRIP246452-1.70209263
RIOO266310±025060
PPJT254460-2.6040060
TATSU253254-2.2516589
NORI250395-2.00240155
U*TAKA207530-2.80375155
KUREI260325-0.403250
16VV情報求情報求情報求情報求情報求
MAKO-G248544-1.95383161
1-PIN253385-1.353850
DINASO261261-1.102610
G*265194+1.1558136
U76NER270395-1.7031580
16VVさんは設定詳細の分かる動画が見つかりませんでした。あったら教えて。

統計情報・各設定の解説

緑数字

平均値253.8
中央値258
最大276(DJ NIKE.)
最小207(DJ U*TAKA)

緑数字はノーツの表示時間を表す数値です。基本的に、数値が大きいほど譜面を見てから叩くまでの猶予が長く、小さいほど短くなります。

筆者の考えるメリット・デメリットは以下の通りです。

緑数字大(ゆっくり)
  • 運指を考える余裕ができる
  • 調子に左右されにくく安定する
  • 表示ノーツが多い高密度は認識しづらい
緑数字小(はやい)
  • 表示ノーツが少なく高密度が認識しやすい
  • 運指を考える余裕が少ない
  • 調子が悪いと反応が間に合わない

傾向として、運指が多様で低中難易度・皿曲が得意な選手は緑数字が大きく、手首皿中心で高密度・発狂譜面が得意な選手は小さい印象です。

注意点として、同じ緑数字でも判定位置によって体感速度が大きく異なることを考慮しておきましょう。

判定位置をマイナスにすればするほど判定が深くなり、疑似HIDDEN状態になるので、譜面が見えてから押すまでに猶予が生まれます。

実際、緑数字が小さい(249以下の)選手は、全員判定位置をかなり深めに設定しています。

選手緑数字判定位置
U*TAKA207-2.8
WELLOW209-2.85
ANSA226-3.5
46241-2.1
FRIP246-1.7
MAKO-G248-1.95
#MA3#249-2.7
それにしてもU*TAKA選手、WELLOW選手の緑数字は小さすぎる。初心者は真似しちゃ駄目だよ。

白合計(SUD+&LIFT)

平均値353
中央値347
最大544(DJ MAKO-G)
最小153(DJ NIKE.)

白合計は「SUD+白数字」と「LIFT白数字」の合計で、ノーツ表示領域の大きさ(レーンの長さ)を表します。白合計が大きいほどレーンの縦幅が短く、小さいほど長くなります。

筆者の考えるメリット・デメリットは以下のとおりです。

白合計大(レーン短い)
  • 目線が上下にブレにくく安定する
  • ノーツの残像が軽減される
  • 低速・ソフランが認識しづらい
  • 微妙なズレ・ハネが認識しづらい
白合計小(レーン長い)
  • 見た目上の判定幅が広い
  • 低速・ソフランが認識しやすい
  • 微妙なズレ・ハネが認識しやすい
  • 視界が広く目線が上下にブレやすい
  • ノーツの残像が目立つ

こちらも緑数字と同様、得意傾向によって設定が分かれる気がします。

ズレ・ハネ・単発や、FAXXなどソフランが得意な人は白合計が小さく、発狂・高密度が得意な人は白合計が大きい(いわゆるガン下げの)人が多い印象です。

曲・譜面によって変えるのもアリでしょう。U*TAKA選手はFAXXやるときSUD+上げてるみたいですね。

前半のハイスピクソ速ぇ

LIFTを使うかどうかはその人の姿勢や目線の位置などによりますが、ひとつ注意点があります。

LIFTを普段から上げ過ぎると、上記FAXX動画のようレーン縦幅を長く取る必要に迫られた際、大きくLIFTを下げるため判定感覚が狂います。

SUD+の上げ下げよりも、LIFTの上げ下げは判定感覚に大きく影響するので、レーン縦幅調整は普段からなるべくSUD+で行ったほうが良いです。

判定位置

平均値-0.96
中央値-0.75
最大+1.90(DJ VELVET)
最小-3.50(DJ ANSA)

判定位置はプラスに調整すると浅くなり(上に寄り)、マイナスに調整すると深くなり(下に寄り)ます。正直好みや他の音ゲーとの兼ね合いもあるので、正解はありません。

見た目の判定ライン(赤い横線)の位置は変わらず、実判定ライン(見えない)だけ変わるので、「判定調整はLIFTでする」という知り合いもいます。

自分は個人的に見た目判定と実判定をなるべく一致させたい派なので、最初に単発目押しで判定調整してから、ウォームアップ以降のFAST寄り/SLOW寄りは緑数字で調整することが多いです。

まとめ

調査の結果、BPL2022プロ選手の平均値は緑数字が258、白数字合計が358でした。あくまで拾えて当たり前、光らせてなんぼのプロ選手の数値なので、初心者は緑数字だけ真似しないように…。

初心者~中級者(六段程度)は緑数字300~320前後、上級者~皆伝は270~290前後が個人的にバランス良くておすすめです。

以下の記事ではカスタマイズ(ノーツ/判定文字/キービーム)について調査・解説しています。気になる方は合わせて読んでみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメント一覧 (4件)

  • TATSU選手
    緑数字253/判定-2.25/SUD+165/LIFT89
    BPL S2 レギュラーステージ第17試合[先鋒戦]HEARTACHEにて確認

    • 情報ありがとうございます!BPLは設定詳細映らないことが多いのでノーチェックでした。

  • 白数字少なくしてハイスピ早めにする人は意外と少ないんですね。勉強になりました。

    • ライトニングモデル以前は結構いた印象なんですけど、最近は特に少ないですね。

コメントする

目次