「ガチ押し」を「あんみつを使わない」という意味で認識している方も多いと思いますが、ここで解説する「ガチ押し理論」は全く違う意味です。

簡潔に言うと、BPM140程度までの16分譜面をキッチリ光らせるための理論です

スポンサードリンク

通常の認識方法

BLOCKS(A) (BPM141)の譜面を例に解説します。

ガチ押し1

通常の認識方法の場合は、左図のように小節を4分音符単位で区切って、よく聞こえる音や、見やすいノーツを基準にリズムキープします。この場合は黄色の○で囲ったノーツを基準にします。

黄色で囲ったノーツを少し強めに叩くイメージです。すると、自然とトリルのリズムも合ってきます。

この方法を普段意識していない方は、ガチ押しよりも先にこちらをマスターしましょう。ガチ押しで対応しきれない速さ(BPM160↑など)は、こちらの認識方法がベストです。

ガチ押しの認識方法

次に、ガチ押しの説明です。

ガチ押し2

ガチ押しは、更に16分音符単位で分けます。

先程は、譜面を「1番バス+トリル」と認識していました。バスドラムの音でリズムキープするのは同じですが、今度は「同時→単発→単発→単発→同時→・・・」と認識します。

いわゆる横認識です。

ガチ押しのコツは大まかに2つあります。

まず1つは、常に運指をリセットするイメージを持つことです。

例えば1→2→3→4の16分階段であれば、流すような運指で打鍵することが多いと思います。薬指→中指→親指→人差し指という具合に。

ガチ押しの場合は、打鍵するたびに運指を一度リセットするイメージをします。

薬指→リセット→中指→リセット→親指→リセット→人差し指 といった具合です。

これは、8分同時押しが多く降ってくる譜面(EDENやCROSS ROADなど)を打鍵する時と同じイメージです。

考え方は単純で、150bpmの16分譜面だったらbpm300の8分譜面を押す感覚でプレイするだけ。(TANMENさんのBlogより引用)
http://d.hatena.ne.jp/tanmeen/20101023#1287838144

そしてもう1つのコツは、鳴らす音全てを把握する(音乗せ)ことです。

音乗せとは簡単に言うと、オブジェを叩いた時に鳴る音を
あらかじめ把握(予想)しておくことです。
(オブジェ1個1個に頭のなかで効果音を乗っけるイメージです)

最初に解説した認識方法では、音乗せはリズムキープに必要なバスドラム(1鍵)だけでしたが、ガチ押しの場合は全てのオブジェに対して音乗せします

BLOCKSを例にすると、最初に解説したやり方は
「ドッ ドッ ドッ ドッ・・・(バスドラム)」
だけをイメージすればOKでしたが。

ガチ押しはそれに加えて
「デケデケデケデケ・・・(スネアドラム)」
と他の音もイメージするのがコツです。

ガチ押しの練習方法

オブジェ全てを横認識するのが、ガチ押し理論です。練習にはBPM140以下のS-RANDOMがオススメです。

BPM100~130

  • YELLOW FROG from Steel Chronicle
  • A MINSTREL 〜ver.short-scape〜
  • Jack
  • Mind Mapping

BPM130~150

  • KAMIKAZE
  • Let the Snow Paint Me
  • Heavenly Sun(IIDX VERSION)
  • 超!!遠距離らぶ♡メ〜ル
  • RISLIM-Remix-
  • with you…
  • Harmony and Lovely
  • SPACE FIGHT
  • LUV CAN SAVE U
  • Light Shine
  • Mermaid girl
  • Sense 2007
  • BLOCKS
  • Shining World
  • the trigger of innocence

これらの曲が特にS-RANオススメです。