当サイト内の記事でよく出てくる言葉「譜面認識力」について解説します。

スポンサードリンク

譜面認識力が高い=運指を考える時間が短い

IIDXは流れてくる譜面を見て叩くゲームです。

  1. ノーツを見る
  2. 脳内で使う指、運指を考える
  3. 打鍵する

という一連の流れがあります。

「譜面認識力が高い」=「2.脳内で使う指、運指を考える時間が短い」です。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1

このように3つ押しが次々と降ってくる譜面、上級者からすれば、これは大したことありません。

これを難しく感じる人と、上級者の一番の違いは譜面認識力です。この密度で運指をいちいち考えていては打鍵が間に合いません。

上級者は譜面を見て一瞬で運指が思い浮かぶので、1つ目を叩いてから次を叩くまで余裕ができます。

「認識力を鍛える」=「運指を考える時間を無くす」ということです。

認識力を鍛えるには?

認識力を鍛える=運指を考える時間を無くすためには

  1. ノーツを見る
  2. 脳内で使う指、運指を考える
  3. 打鍵する

これを繰り返す以外にありません。でもこれって普通のプレイと変わりませんね。

そうです。認識力を鍛えるための特別な練習はありません。

しいて言えば

  • 簡単な曲ばかりやっても伸びない
  • ギリギリ出来るぐらいの密度を繰り返したほうが効率が良い
  • 同じ譜面を繰り返すと記憶で叩くようになるので癖が付く
    癖についてRANDOMを積極的に使おう
  • 緑数字は少し余裕を持たせる方が良い
    緑数字を小さくし過ぎるのはダメ
  • 疲れる譜面でやると集中力が落ちて効率が悪い
    (マラソン系より緩急のある譜面の方が練習に向いています)

これらのことに注意すれば、効率よく上達することができます。

スポンサードリンク

この記事をシェアする
上達ヒント集

コメントを残す